« 2019年11月 | トップページ | 2020年1月 »

2019年12月

2019年12月29日 (日)

中国厦門(アモイ)に寄港  12月26日

中国の厦門は、古くから茶葉の輸出港として栄え、諸外国と深い交易関係を築いた港町。現在も経済特区として発展を続けています。

Dsc03869640  今回は厦門の港からフェリーで約20分、コロンス島をめぐりました。Dsc03864640Dsc03866640Dsc03867640Dsc03875640 

租界時代の古い洋館(旧英国領事館)、天主堂、日光岩など歩いて散策、途中、中国菓子、果物など購入しました。

異国情緒あふれる街でしたが、ただ気になるのが、中国側のほうがスモッグがかかっているようなどんよりした空。

乗船してこれまで、曇り、雨などあまり天気が良くないです。Dsc03885640 

これから天気が良くなることを願います。

| | コメント (0)

1.57日間のオセアニア一周クルーズに出発

4年ぶりのピースボート乗船です。Dsc03854640

57日間とミドルオセアニアクルーズです。

このピースボートは、36年前に初めて立ち上げ、世界の人達と交流し今日に至っています。

ランドマークを横目に、見送りの人達に紙テープを投げ、出港式。Dsc03855640 Dsc03846640 

その後は、救命道具をつけての避難訓練が行われます。

今回は、横浜、神戸、からとあと中国、韓国、台湾の人達が200人ぐらい乗り、

1000人ぐらいの乗船です。船内では、3か国語の通訳が飛び交い賑やかです。

皆さんリピーターも多く、8年前、4年前に乗った人とも会へたり、懐かしい出会いがあります。

今回初めて二人部屋にしましたが、相手の方も気さくで良かったです。Dsc03845640 

これから色々な講座が始まりますが、まず手始めに船長主催のウエルカム・パーティーが行なわれ、皆さんおしゃれして参加します。

これから、セブ島、クリスマス、お正月を船上で過ごし、どんどん南下し、13日はバリ島です。

| | コメント (0)

2019年12月19日 (木)

3回目のピースボートクルーズに出発します

2019年12月21日から2020年2月15日までの57日間、13の港を寄港するオセアニアクルーズに出発します。

横浜の大桟橋を出て、中国の厦門(アモイ)、セブ島、バリ島、オーストラリア、ニュージーランド、ラバウル、ガダルカナルなどを寄って、

2月15日に横浜に帰ります。

ピースボート乗船は今回で3回目、これで終わりにしようと思っていますが。

これまで快く行かせてくれた夫をはじめ、色々の方に感謝です。これからブログで旅の様子を紹介しますのでのぞいてみてください。

実は父は、海軍の遺族を船に乗せ、遠くラバウル、ガダルカナル、ブーゲンビルを回って、水ずく屍の慰霊をする洋上慰霊に行ってくれないかとお願いされました。一万トンの「ゆうとぴあ丸」で南海の果てまで、激戦の跡を慰霊する法要に参加しました。

父は、弓を引く坊主として「鎮魂の射」を献上しようと思い、八か所の慰霊のため、16本の矢(1回に2本射るため)いしずきをつけず

先は竹を切ったままにして、羽は平和を願い白鳥、竹の矢には般若心経、観音経を書いたそうです。

一緒に弓の小沼、北島先生も乗られ、3人で慰霊の射行をされたそうです。

その後から、暗かった船内の雰囲気が明るくなり、皆さんが挨拶をされるようになったと回想しています。

今回、父の行ったコースをたどるということで感慨もひとしおです。

私は弓は引きませんが、船上から慰霊をしたいと思います。

どんな57日間の旅になるか、今からワクワク、楽しみです。

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

2019年12月 9日 (月)

紅葉深まる円覚寺エンマ弓道場

今年の紅葉は、台風の影響である塩害のせいか、色が例年に比べると赤色ではなく黄色ががった仕上がりになりました。

でも、美しく観光客も大いに楽しんでいるようです。Dsc03831640

  Dsc03830640

12月はエンマ弓道場恒例の大掃除、会員60人近くが集まり、堂内の清掃、庭の剪定、垣根の修理など役はいにそって皆精を出します。

一番の大仕事は、わが道場の自慢である安土(あずち)、的を立てるところの修復工事です。

盛り上げている土を崩し、その土に砂などを混ぜ、ふるいにかけその土を角度をつけて盛り上げていきます。

Dsc03826640 Dsc03828640Dsc03827640 りの重労働ですが、最近若手も増えスムーズにできているようです。

そういう私はやったことがないのですが・・・・

できあがった安土の前に全員集合し、礼を行い新たな年への誓いを行います。Dsc03835640

その安土のふわーとした柔らかな感触は、日本一と言ってもいいでしょう。

| | コメント (0)

« 2019年11月 | トップページ | 2020年1月 »