« 紅葉深まる円覚寺エンマ弓道場 | トップページ | 1.57日間のオセアニア一周クルーズに出発 »

2019年12月19日 (木)

3回目のピースボートクルーズに出発します

2019年12月21日から2020年2月15日までの57日間、13の港を寄港するオセアニアクルーズに出発します。

横浜の大桟橋を出て、中国の厦門(アモイ)、セブ島、バリ島、オーストラリア、ニュージーランド、ラバウル、ガダルカナルなどを寄って、

2月15日に横浜に帰ります。

ピースボート乗船は今回で3回目、これで終わりにしようと思っていますが。

これまで快く行かせてくれた夫をはじめ、色々の方に感謝です。これからブログで旅の様子を紹介しますのでのぞいてみてください。

実は父は、海軍の遺族を船に乗せ、遠くラバウル、ガダルカナル、ブーゲンビルを回って、水ずく屍の慰霊をする洋上慰霊に行ってくれないかとお願いされました。一万トンの「ゆうとぴあ丸」で南海の果てまで、激戦の跡を慰霊する法要に参加しました。

父は、弓を引く坊主として「鎮魂の射」を献上しようと思い、八か所の慰霊のため、16本の矢(1回に2本射るため)いしずきをつけず

先は竹を切ったままにして、羽は平和を願い白鳥、竹の矢には般若心経、観音経を書いたそうです。

一緒に弓の小沼、北島先生も乗られ、3人で慰霊の射行をされたそうです。

その後から、暗かった船内の雰囲気が明るくなり、皆さんが挨拶をされるようになったと回想しています。

今回、父の行ったコースをたどるということで感慨もひとしおです。

私は弓は引きませんが、船上から慰霊をしたいと思います。

どんな57日間の旅になるか、今からワクワク、楽しみです。

 

 

 

 

 

|

« 紅葉深まる円覚寺エンマ弓道場 | トップページ | 1.57日間のオセアニア一周クルーズに出発 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 紅葉深まる円覚寺エンマ弓道場 | トップページ | 1.57日間のオセアニア一周クルーズに出発 »