« 秋色満開 | トップページ | 4年ぶりに戸塚区民弓道大会が開催される »

2023年11月24日 (金)

銘仙回顧 北鎌倉古民家ミュージアムにて

 Processed4802452494454d84bffe0176f86ff5a 大正・昭和のレトロモダンと題し、銘仙回顧の展示会を見学してきました。

主催は公益財団法人・服飾文化研究会で、私はこれまでこの団体で着物の着付け、研究と言ったらおこがましいですが、和服が好きで学んできました。Processed38aaf4774eeb42f1972ad37bb02d328 Processed12646b9dcc4140b5ae11afca2fe4820

 今回の展示会では、研究会が所有している様々な銘仙を展示し目を楽しませていただきました。

銘仙は、もともと養蚕農家が出荷できない不良繭や玉糸からひいた糸を使って自家用に織り上げたのが始まりです。

その後、庶民も絹が着られる時代となり、おしゃれ着、普段着として全国的に広まりました。

今回の展示では色鮮やかな銘仙が勢ぞろい。素晴らしかったです。

また、はやりの着物試着コーナーもあり人気だったようです。外国の人も楽しまれていました。

これからも好きな着物を研究し、楽しみたいと思います。

|

« 秋色満開 | トップページ | 4年ぶりに戸塚区民弓道大会が開催される »

コメント

楽しんで、充実されてますね、ご主人のやったことで、泣いてる人がいます。

投稿: | 2023年12月 6日 (水) 11時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 秋色満開 | トップページ | 4年ぶりに戸塚区民弓道大会が開催される »